第4回 公開天啓気療を開催~2022年3月開催

第4回 公開天啓気療を開催~2022.3.6

3/6は公開天啓気療をしましてね。

これは北沢勇人先生が行っている「天啓気療」を公民館で受ける集いです。一人の人が天啓気療を受けるのですが、周囲の人は、それを感じるというものです。

天啓気療は、それを見ている周りの人にも作用する効果があります。それを活かしたのが「公開天啓気療」です。

けれども天啓気療は理解されにくく、誤解されるときもあります。説明してもなかなか伝わりにくいですね。

そもそも気・エネルギーについても、なかなかわかっていただけないことがあります。しかも種類があります。余計にわかりにくくなっているかなあと。それで、エネルギーの種類や天啓気療、公開天啓気療について説明し、その様子をアップしてみました。

◆気・エネルギーの種類と公開天啓気療の説明


昨日は気・エネルギーの本当の話しもしましたが、オカルトや「え?」と思われそうな内容ですので、これまた理解されがたく、まずます怪しいイベントになりそうなんですが、実際に体験していただくと、その妙味がわかります。

現代では瞑想・適切な言行・エネルギーアプローチの3点セットがおすすめ

ところで伝統的な瞑想修行では、
・瞑想(気づきの瞑想)
・戒律・善行(日々の適切な言行)
の2つが軸になっています。

が、経験的に、高次のヒーリング(天啓気療)を取り入れると、瞑想が短期間で進むことを感じています。

今では
・瞑想
・適切な言動
・高次エネルギーからのアプローチ(天啓気療)
の3点セットをおすすめしています。

天啓気療は特異なヒーリング

天啓気療は、見た目は一般的なヒーリングと同じですが、一般的なヒーリングとは、性質がまったく異なるんですね。

どう違うのかといえば、それは上記の動画でも説明した通りになります。宇宙の根源につながるといいますか。なんていいますか^^;(もうこの時点で「怪しい」と思う方もいらっしゃるかもしれませんね)。

クンダリーニが完全に覚醒しているとか、見性体験(一瞥体験、覚醒体験)をしていて、なおかつハートチャクラが活性していませんと、できないヒーリングです。

またこうした体験のあったり、感受力が高かったり、ハート系の方でありませんと、なかなか理解しがたかったりします。

で、このことを説明しても理解されがたく、何ていいましょうか、こうした感受力があるとか、実際に受けて体験をしませんと、わからないと思います。

さらに、適切な言語化が見当たらず、こうした説明上のハードルもあって、その本当の効果や性質そのものが、非常に理解されにくいと感じています。

が、「気づきの瞑想」で得られる効果と、ほとんど同じか、それ以上の効果が出てきます。たとえば、「とらわれが減る」「心が軽くなる」という現象です。

ちなみに、公開天啓気療で、「とらわれが減る」「心が軽くなる」がわかるシーンがありましたので、そこの箇所を取り出して動画にしました。

とらわれが減る・心が軽くなる


(天啓気療を受けると)みんな、共通しているのは、おだやかになることだよね

楽になるし

腹が立たなくなるしね
 
 
すごい怒っても、すぐにアレ?って、笑うようになっちゃう

ワっと怒ったって、1分もたたないいちに、何もなかったみたいになっちゃう

非常に特徴がありますよ
 
 
みんなエネルギーが高いといいんだけどね、

戦争なんかなくなるんだけど

エネルギーが低いよ
 
 
(こういう状態だったらおだやかにいられますけどね)

でも、それを受け取る心がないと、受け取れないんでね
一番の問題は、アナハタチャクラの問題だから
 
 
攻撃ばっかりして、(誰それが悪い、◎◎のせいだとばかりしていると受け取ることができない)

そんな生き方しかできないのは可哀想といえば可哀想なんですけどね

※より鮮明な説明はこちら

次回もまた開催

公開天啓気療や天啓気療は、こうした特異なヒーリングになります。

今回はZOOMからの参加を入れると7名の参加となりましてね。女性2人が天啓気療を受けました。参加者のうち、ほぼ全ての方が感じました。中でも、二人の男性が非常に顕著に感じていました。

ほとんどの人が「おこぼれ」を実感していました。

で、こうした体験が大事なんですね。

天啓気療を受け続けると、とらわれが減って、心が楽になり、気持ちもおだやかになって、瞑想も進むようになります。健康面もよくなります。

公開天啓気療は、こうした効果のアシストになりますね。

また公開天啓気療は、高次エネルギーの共鳴現象を活かしたイベントで(と書くと、これまたオカルトや「え?」と思われそうなんですが)、参加した皆さんにメリットがありますし、金銭的にもリーズナブルですので、次回もぜひ開催したいと思ってマス。

もし参加の希望があれば、ご連絡をください。vipassa65@gmail.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。