瞑想は体験をしないとわからない世界

この前の日曜日(2022.3.6)の公開天啓気療では、遠方から参加してくださった方がいらっしゃいましたので、駅に送る道すがら、喫茶店に立ち寄りましてね。
 
で、あれやこれやとの話しになりましたが、やはり「天啓気療」はすごいですね。

しかし、なかなか理解されにくいんですね。どうしても見た目は、一般的なヒーリングと同じです。で、感受力がありませんと、一般的なヒーリングとの違いがわかりにくい。

で、これが一つのハードルになっています。

天啓気療を受けて、何か感じたり、変化が出てきたり、あるいは受け続けることで感受力が高まり、それで他のヒーリングとの違いがわかるなど、何らかの体験・体感がありませんと、どうしても天啓気療の価値を感じられないと思います。

天啓気療を感じるもそうですが、いろいろと体験を重ねたり、深くなってきますと、理解されがたいことが増えてくるなあという話しにもなりましてね。
 
 
確かに、瞑想一つにしても、「言葉通り、説明通りに行ってもうまくゆかない」段階が出てきます。

で、こうした言葉通りでない領域になりますと、実際に行って体験を重ねていくしかわからなくなってきます。

さらに、この先に生じてくる諸々になりますと、わけのわからない世界に思われることも。
 
気づきの瞑想からスタートして、言葉・感情から自然な距離が生じるようになるまでが、一つのステップになります。

で、その先からは、言葉を超えた世界になります。いわゆる高次的な発想や見解が生じることも。で、それぞれが体験を深めていくようになります。
 
で、さらに進むと身体的な変化が生じてくることもあって、もっと進むと・・・といった歩みになっていきます。

ちなみに、これらは悟りではありませんし、悟りにも連なりませんが、心がラクになるなどの効果が出てきて、有益だったりします。
 
気づきの瞑想は、見た目とは違って非常に奥が深いんですが、見た目が瞑想らしくないため、その価値が理解されにくいと感じています。

しかもキラキラした言葉や、心を刺激するキャッチーなフレーズはありません。むしろ、そうした飾られた言葉や観念は、綺語(きご)として退けられます。
 
お伝えしている瞑想は、地味で味気が無いように映ってしまいます。しかし興味を持ってくださる方がいるのはうれしいですね。

 

そんな雑談も交えましたが、雑談は大事ですね。雑談にこそ味わいがあり、妙味があると思います。

と、そんな感じで、毎月、行っていますが、来月は4/9(土)か4/10(日)を予定しています。

あと近々、誰もが参加できるZOOMイベントを始めようかと思っています。近々、このブログでも告知いたします^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。