プレゼンスでは発心(自ら求める意欲)が大切

プレゼンスの道は私から参加の声はかけない

さて、この前は「これからは、多くの方がプレゼンスにひらける活動に力を入れていこうと考えています」と書きました。こちらの記事ですね。

プレゼンス(気づき)は世界を平和に導く意識の有り様

ただ、一つだけ注意していることがあります。それは私のほうから「◎◎さん、プレゼンスにひらける方法をお教えします。ぜひいらしてください」とお声をかけることは原則していないということです。

瞑想会や勉強会などに参加された方に対しては、個別にお声をかけることはあります。

けれども瞑想会や勉強会などに参加していない方に、私から「プレゼンスにひらける方法を教えます。ぜひ参加してください」ということはほとんどしていません。

まずは、ご自身からアクションをしていただくことですね。そうでありませんと、なかなか難しいんですね。自ら求める姿勢。これが欠かせないと感じています。

瞑想会や勉強会などは、公開して参加を呼びかけています。こうしたイベントへの場合は、個別に参加のお声をかけています。講師を招いた瞑想会では、一斉メールを送って呼びかけもしています。

が、プレゼンスに開かれるといった深い話しになりますと、私のほうからお声をかけて参加をうながすことは、ほとんどしていません。まずはご自身から参加していただくことをモットーとしています。

と書きますと、
「ええぇー!???」とか「なんて傲慢なんだ」と思われるかもしれません^^;

けれども、これも経験上から、そういう風に思うようになっているんですね。

「え?どういうこと?」「そんな心の狭いことを言わないで、もっと多くの人に声をかけて呼びかけてはどうなの?」と思われるかもしれません。

発心が大切

しかし、誰にでも声をかけるという姿勢は、ちょっと違うと思うんですね。

ことにプレゼンスになると、深い話しになってきます。表面的な瞑想会や言葉で完結するセミナーとは内容も性質も全然違ってきます。

そもそもこの道は「求める」道になります。求める気持ち。これを「発心(ほっしん)」といいます。自分から求める心ですね。

悟りにしろ、真我にしろ、プレゼンスにしろ、誰かから奨められて歩んだりするものではなく、自分から求めていく性質です。

ですので、自ら求めていく、そういう姿勢が欠かせません。てか、この道は、そういうもんです。

そもそも私から声を掛けると、うまくいかないケースが多いんですね。どうもうまくゆきません。

ですので、不特定多数の人を集めてプレゼンスを・・・というのは、今の私にはハードルが高くなります。将来、できるようになるかもしれませんが、今は難しいですね。

自ら求める意欲が無いと挫折しやすい

結局、その方自身が求めていないと、途中で挫折してしまうことが多くなります。

また「求めていない人」に対して、「さあ、やろうよ」と言っても、ミスマッチが起きて、うまくゆかないことが多いんですね。

奇しくもメンタリストDaigoさんが似たようなことを言っています。


タイトルはちょっと過激なんですが^^;、「求めている」「助けて欲しい」と思っていない人を助けると、かえってお互いがギクシャクしてしまうという研究報告です。

聴き方によってはエグいといいますか、なんだかなあと感じるところもありますが、しかしこのことは瞑想や修行にピッタリ当てはまります。

やはり求めていませんと、どうもうまくゆかないんですね。

自分から求める気持ちは欠かせない

こうしたことは経験上、知り得ています。

ですので、プレゼンスといった本格的な瞑想修行の歩みになった場合は、私のほうからお声をかけることは控えるようにしています。

まずはご自身からアクションを取っていただく。

もっとも、最初にも書きましたが、誰でも参加できる「講師を招いた瞑想会」は別ですね。こちらはイベント性も高いですし、それほど深いところまで扱いません。文字通り誰でも参加できます。そういう主旨のイベントになります。

けれども、精神の深いところ、高い意識を目指すという、いわば本格的な歩みになった場合は違ってまいります。デリケートなところも出てきます。「自分から求める」「発心(ほっしん)」が大事になります。

発心がありませんと、継続そのものが難しいですね。で、発心があれば「自ら参加」するようになります。私からお声をかける必要はありません。

プレゼンスの道では求める意欲が大切

これをお読みになって「私もプレゼンスがわかるようになりたい」「真我を知りたい」と思った方は、ぜひいらしてください。

ただ私の方針もありますので、こちらをお読みになって、方向性が合っていそうならば、ぜひいらしてください。

自己紹介と修行遍歴・体験について

プレゼンス、真我、悟り。これらは求める気持ちがありませんと、挫折することが多くなります。

自ら求める「発心(ほっしん)」は欠かせません。プレゼンスの道は、発心が大事になります。

今日の記事は「なんか気難しそうだなあ」なんて思わるかもしれませんが、大事なことなんですね。

とはいっても、実際はお気楽にやっています。ええ。ゆるりと行っています。お気楽ごくらく路線ですぅ。

が、求める姿勢、発心が大事ということなんですね^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。