瞑想すると気持ちいいのはピティ(喜)・スカ(楽)が作用しているから

瞑想して気持ちよくなるのはピティ(喜)・スカ(楽)の作用

瞑想すると「気持ちいい」と感じられることは、よいことなんですね。
瞑想を行って、落ち着いてきて、心も体も気持ちいいなあというのは、実は瞑想がうまくいっているサインです。

で、この「気持ちいい」の正体を

  • ピティ(喜)・・・細やかで高揚する喜び
  • スカ(楽)・・・細やかでなめらかな身体的な快楽

といっています。
瞑想が深まると、こうした喜楽が生じてきます。

ピティ(喜)・スカ(楽)は、瞑想特有の喜楽のことになりますが、実は、このピティ・スカとは、エネルギーが関与した心と体の状態をいいます。

ピティ(喜)・スカ(楽)はエネルギー

瞑想が深まってきますと、誰もが内在しているエネルギーを自覚し、わかってくるようになります。

その自覚が「ピティ(喜)」スカ(楽)」といった心地よさになります。

昔は、エネルギーという概念がありませんでしたので、あえて「ピティ(喜)」スカ(楽)」という言い方をして、瞑想時特有の心と体の状態を言い表していたのだと思います。

でも、その正体は「エネルギー」が関与した心と体の心地よさになります。

喜楽が生じると心身の解放が進む

ちなみに、「ピティ」「スカ」が生じてきますと、心と体の解放(浄化)が進むようになります。

心の傷、トラウマ、わだかまりの解放(手放し)が、この段階になると進んでくるということですね。

このことは、「心と体が軽やかになる、楽になる」という体感で感じられるようになります。

ヒーリングはエネルギーからのアプローチ

世の中には「ヒーリング」というアプローチがありますが、ヒーリングとは、まさにエネルギーからのアプローチになります。

エネルギーを感じさせて(生じさせて)、瞑想状態をいざない、これによって心と体を癒やします(解放させます)。

これがヒーリングなんですね。

天啓気療のように優れたヒーリングは本当に効果があります。実際に功も奏してもいます。

天啓気療のようなヒーリングは、エネルギーを通して、心と体にある諸々を解放し、楽にしていくアプローチといえますね。

実際、天啓気療の北沢勇人さんは「生きるのが楽になるヒーリング」といわれています。

「楽になる」。
言い得て妙ですね。

私も、遠隔でのエナジーワークを行っていますが、これもエネルギーからのアプローチになります。瞑想の深まりと、心と体の解放のサポートになると感じています。

怪しく感じることもあるかもしれませんが(笑)また本当は、もっと詳しく説明する必要もありますが、瞑想の深まりと、心身のすこやかさにお役に立つと思っております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。