気功も瞑想も本質は同じ~感じ方も同じ

気功も瞑想も同じ~恒例の気功講習会

さて、昨日(10/23)は中健次郎先生の気功講習会が掛川でありましてね。

毎年、春と秋の2回行っています。
もうお馴染みになってきましたね。

中健次郎先生の気功は、私の方針と一致するところが多いですので、シンパシーを憶えています。

といいますか、真我(本当の自分)という段階までは、「気」にウェイトを置くのか、「心」にウェイトを置くのかの違いだけであって、本質はまったく同じなんですね。

また「人間性、慈愛、真我(本当の自分)」といったことへの志向性がある点もまったく同じだったりします。

能力開発・現世利益を目指す?

気功の世界には、能力開発、「気」という特別な能力の開発を軸にされているところが多いと思います。

気やエネルギー、気功を、人生をよくする・よくなるといった「現世利益」「能力開発」にウェイトを置いている方もいます。

こうした「ご利益」のようなものも一つの考えだと思いますし、無いよりはあったほうがいいと思います。これはこれで一つの有り様かと思います。

人間性・徳・自己の本質への開眼を目指す

が、私は「ご利益」のような志向よりも、人間性、慈しみ、徳、本当の自分、悟りといったことに、どうしても関心が向いてしまいます。

能力開発や特異な能力を身につけることよりも、人間性や徳、自己の本質に開眼していくことを大事にしています。

で、瞑想なり気功の実習を行っていると、「副産物」として「気」「エネルギー」の感覚や能力が生じるというのが適切であると思っています。

これは中先生も同じことを言っていますね。

気功も瞑想も説明の本質は同じ

ですので、中先生の説明は、私が常々している瞑想の説明とほとんど同じです。

志向している方向性ともほとんど一致していますね。

ですので親和性を憶えるんですね^^

たとえば、「気功」と「気づきの瞑想」における説明を比較すると、次の通りです。

気功瞑想
感覚について微細な感覚気づき(本質は微細な感覚、動き、感覚、心に気づく)
真我について微細な感覚の先に(本当の自分)がある気づき(微細な感覚)がシャープになると真我(本当の自分)がわかるようになる⇒その最初の段階が名色分離智プレゼンス
意識について意識の広がり、よろこびが生じてくる意識の広がり、よろこびが生じてくる

このように、言っていることは同じなんですね。表現が違うだけであって同じことを言っています。切り口が違うだけですね。

真我は方便

ちなみに「真我」という説明は方便ですね。

そもそも原始仏教の文脈で「真我」という言葉はタブーです^^;

けれども、真我という言葉や観念は、それ自体をゴールとしてしまうとマズいんですね。

また「真我」というのを観念化すると、悟りが困難になります。

そのため仏教(原始仏教)では、ことさら「真我」をタブーにしているんだと思いますね。

要するに、観念化した有り様をゴール・究極としてしまうと、悟りへの障害になるというのが本当のところだと思います。

しかし実際の観点からいいますと、「真我」という観念は、あったほうが便利ですし、その効用を説明するにあたっては役に立つと感じています。

あと、私自身は、「真我」をも越えた「悟り」に、やはり興味関心があります^^

気功は健康体操としてもおすすめ

しかし、気功は、シンプルに「健康にいい」ですね。健康体操としてもおすすめです。

気とかわからなくても、カラダを動かせば、健康にいいのがわかります。

ここは瞑想とは違いますね。

ですので気功もまた万人向けの体操になると思います。

人生を豊かにする・現世利益の違い

気功も瞑想も同じということが、いずれわかってくるようになると思います。

また「悟り」は、気功や瞑想の有り様とはまったく別であることも、やがてわかってくるようになるんじゃないかと思います。

気功も瞑想も通過点、一里塚になり、究極は「悟り」ですね。

が、気功も瞑想も効能がいくつかあります。

人生を豊かにします。

こうしたことは、額面通りに受け止めると「現世利益」になってしまいがちです。

しかし「現世利益」というのは「意識の波動が低い」有り様、受け止め方ですね。

そういう低い意識ではなく、「高い意識の生活ができるようになるための効能」として「人生を豊かにする」という受け止めるのが望ましですね。

で、最初にも書きましたが「現世利益」というのは、つまるところ「意識の低い(波動が低い、エネルギーが低い)」ところから生じている意識の有り様なんですね。

「高い意識」にあれば、実用面や効用面は、現世利益といった感覚にはならなくなりますね。

と、ちょっと話しが脱線しましたが^^;

よさげなお店で雑談

で、気功講習会が終わった後、会場のすぐ近くに「ステーショナリーカフェkonohi」というカフェへ数人で行きましてね。

で、思わぬところにひっそりとたたずんでいるんですが、いい感じなんですね。

店内の感じもいい。

で、コーヒーも美味しい。

非常によさげなお店。
メチャいい^^

そんなよさげなお店で雑談をしながら、また新しい企画も出ましてね。

ちょっとこれもやってみようかな、と^^

そんな話題も出ましたが、気功も瞑想も本質は同じですね。

中先生の気功講習会は、毎年、春と秋に開催しています。

ホンモノの気功です。
ホンモノに触れたい方は参加するといいですね。

やわらかい雰囲気の中で行いますので、安心しておすすめできます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)